鉄骨一図
お問い合わせ 株式会社カルテック
鉄骨構造図自動生成ソフト
トップ 製品紹介 ダウンロード よくある質問 購入
トップ > よくある質問

 

▼無償版についての質問
▼鉄骨一図の操作についての質問
▼鉄骨一図で作成するCADデータについての質問
▼不具合等についての質問
▼体験版についての質問
 

▼[無償版についての質問]
[質問] 無償版のインストールの手順を教えてください。
[回答] こちらにインストール方法を記載しています。
手順にしたがってインストールを行ってください。

[質問] 無償でできる機能は、何がありますか?
[回答] 無償でできる機能として、「3Dビューワー機能」と「データ連携機能」があります。
【3Dビューワー機能】
・構造計算データを読込んだ結果を3D表示して確認できます。
【データ連携機能】
・構造計算データを読込んだ結果を対応ソフトに受け渡すことで、
対応ソフト側の入力を省略化できます。


▼[鉄骨一図の操作についての質問]
[質問] 操作マニュアルはありますか?
[回答] マニュアルはありませんが、説明画面(ヘルプ)で対応しています。各操作段階でF1キーを押せば、当該操作の説明が画面に表示されます。

操作の大まかな手順は以下のページをご覧ください
製品紹介[操作の流れ]


[質問] 構造図は、何を作成するのですか?
[回答] 柱リスト、柱脚リスト、梁リスト、継手リスト、伏図、軸組図、鉄骨架構詳細図、そして基礎伏図、基礎詳細図です。


[質問] 極端な不整形の建物にも対応していますか?
[回答] 山形ラーメン、平面バチ、セットバック(斜め柱、腰折れ柱等)、隅切り、柱回転など幅広いバリエーションを考慮しています。


[質問] 鉄骨架構詳細図では、ダイアフラムの厚みは自動的に決定されるのですか?
[回答] 大梁フランジ厚の2サイズアップとして自動決定していますが、部分変更も可能です。


[質問] 構造図では、材の寄りや面合わせなど構造計算のデータに対してキメ細かい調整が必要ですが、それがCADデータ作成を実行する前に可能なのですか?
[回答] 部材の平行移動、端部移動、柱の回転、芯合わせ、面合わせ、ブレースの狙い位置決め等々多種多様な調整機能がありますので、これらを使えば汎用CADでの操作の手間は激減します。


[質問] JSSC低層ビルシステムへに対応していますか?
[回答] 入力時に指定すれば完全に対応しています。ただし、建物自体がJSSC低層ビルシステムに適合しているか否かは、各自の判断でお願いします。


[質問] 構造計算データを再利用して自動的に構造図を作るということですが、ここで作られたデータをさらに再利用できますか?
[回答] 鉄骨の積算ソフト「すけるTON」で使えば、材料トン数のみならず、ボルト、溶接、塗装、耐火被覆等を素早く正確に拾うことができます。また、鉄骨加工業向けの専用CAD「FAB21」を使用すれば、効率的な運用で大幅な工期短縮が期待できます。


[質問] CADデータ作成で出力する図面は選択できますか?
[回答] 図面の選択はできません。無条件に全図面を出力します。


▼[鉄骨一図で作成するCADデータについての質問]
[質問] 鉄骨一図のCADデータ作成では何ができますか?
[回答] CADデータ作成機能により、汎用CADのデータに変換して出力することが可能になります。これにより、現在お使いのソフトウェアへのスムーズな出力が可能になります。
出力可能なフォーマットは、
.jww<Jw_cad用>
.dwg<AutoCAD 等>
.tdx / tdf<実寸法師>
.dxf<標準>
以上の一般的な汎用CADに対応しています。


▼[不具合等についての質問]
[質問] 構造計算データを取り込んだら図面がおかしいのですが?
[回答] データ送信ページから、構造計算データを開発者までお送りください。原因を調査して、以降のバージョンアップで対応します。


▼[体験版についての質問]
[質問] 体験版を利用したいのですが?。
[回答] 鉄骨一図の体験手順ページに従って、体験申請を行ってください。



そのほか疑問や不明な点などありましたら、こちらの問い合わせフォームからお問い合せください

 


無料ダウンロード

新バージョン

新機能

価格

サポート

Copyright (C) 2010-2011 CALTEC Inc. All rights reserved.